看護師求人サイトのメリット・デメリット

看護師の転職にはメリットが沢山の転職サイトが一番!

看護師求人サイトのメリット・デメリット



看護師紹介サービスは看護師不足を何とか緩和しようとする病院と看護師を仲介する目的があります。「転職が決まったらお祝い金がもらえる」とか「効率的に転職活動ができる」などメリットがあります。ここでは、看護師専門紹介サービスはメリットもデメリットもあることをご説明します。ちなみに、細かいことはいいから優良な看護師支援サービスを教えてほしいという方は、看護師転職サイトランキングをチェックすると、手早く知ることができますので、そちらを参考にするとよいでしょう。

では、メリット部分です。1番目は、面倒くさい事務手続きを自分でやる必要がないことです。看護師に転職専門コンサルタントがついてくれることです。普通の就職活動の場合、面談の日程調整や就職希望条件の交渉を全部ひとりでしなければなりません。

ですが、コンサルタントは事務手続きを代理で行ってくれますので今の職場で働きながら希望する職場に転職することもできます。 休日希望や給与など直接交渉しづらいことも代わりに話をしてくれます。

2番目は、豊富な求人数があり非公開求人も扱っていることです。医療関係者とのネットワークが密ですから 一般には非公開とされている求人も多く持っていますので有利な情報をもらえます。

3番目は、自分の希望が再認識できることです。専任コンサルタントと看護師との面談の場を設けていますので「何を希望しているのか」「どのような職場で働きたいのか」を探っていきます。こうしたプロセスで自分自身が自分の可能性や希望を自覚できるようになります。

4番目は、求人情報には掲載していない情報も得られることです。 「人間関係」「職場の雰囲気」についても情報を得ることができるので安心できます。

次に、デメリット部分をみてみましょう。 1番目は、時間をとられてしまうことです。 「面接の練習」「専任コンサルタントとの面談」「履歴書の書き方」のサポートを受けられるのが魅力ですが、「時間を割くことが厳しい」という看護師もいます。

とりわけ希望先の病院が限定されている場合は、こうしたサポートを一切必要としないことがあります。 けれども自分の能力を多角的に捉えなおし、さまざまな求人を見て回る場合には、こうしたサポートは避けて通れないでしょう。

2番目は、過剰に勧めてくる会社や悪質業者が存在していることです。 看護師紹介サービスは紹介先の職場から利用料金をもらって成り立っています。 その中には看護師の希望に沿わない勤務先を紹介してくるケースもあるようです。

以上、看護師専門紹介サービスはメリットもデメリットもあることをご説明しました。 「転職が決まったらお祝い金を支給します」と宣伝している会社もありますが、 中には「転職が決まってもお祝い金の支給をしぶる」とか「連絡不通になる会社もある」ようなので選び方には気をつけるようにしましょう。

助産師の資格について

助産師になりたいと思っているのであれば、資格の取得について考える必要があります。 助産師は国家資格となるため、この職業を目指すのであれば国家資格を取得しなければなりません。

厚生労働大臣の認定する助産師国家資格に合格する必要があるわけなので、軽い気持ちで目指せる職業とは言えないでしょう。では、この資格を取得するためにはどのような手段があるのかというと、これには大きくわけてふたつの方法があります。

ひとつめの方法が高校卒業後に看護系の大学に進学し、助産師国家試験を突破するというものです。注意しなければならないこととして、看護系の大学を卒業したからといって受験資格を満たすことはできません。

受験資格を得るためには助産課程のある大学に進学しなければならないのです。ただし、助産課程のある大学というのはとても定員数が少ないということを理解しておかなければなりません。

希望者は全て通うことができるというわけではないので、よく情報を調べ、どの大学を規模するのか考えましょう。

そしてもうひとつの方法が、専門学校や短期大学といった看護系の学校を卒業して看護師資格を得てから助産師養成学校を卒業し、助産師国家試験を突破するという方法になります。

こちらのほうがスムーズに感じられるかもしれませんが、助産師養成学校に入学できるかどうかがポイントになると言えるでしょう。実は助産師養成学校の募集定員はそれほど多くないため、入学したくてもできない方もいるのです。

また、どちらの方法を選択すれば短期間で資格が取得できるかというのも気になると思いますが、これはどちらの場合でも最短高校卒業後4年となっているので、自分に合ったほうを選択するといいでしょう。

助産師になるためには長い年月が必要になるということを理解し、高い意識を持って試験合格を目指さなければなりません。ですが、助産師は女性専門のお仕事ということもあり、とてもやりがいが感じられるでしょう。

助産師の給料事情

助産師という職業に就こうと思った時に気になるのが給料の問題ですよね。仕事によっては職場によって給料が違うケースが多いですが、助産師の場合も同じことが言えます。

助産師の仕事は国家資格となるため、給料も一般的な職業に比べると高いです。平均年収も530万円前後となっているので、給料面から見ても苦労をして資格を取得する価値は十分にあると思います。

また、助産師は給料だけでなくボーナスも高いのが特徴です。これは職場によって違いは大きいのですが、平均すると120万円以上となっているので、かなりの高収入も期待できます。

男女差についても気になるところではありますが、助産師という職業は女性しか就くことができないので、この平均は女性のものということになりますね。女性でも稼ぎやすい仕事を探しているという方も検討してみてはどうでしょうか。

また、正規雇用だけでなく、パートやアルバイトという形で働いた場合にも高収入が期待できる職業です。時給は2000円を越えるところもあるため、アルバイトとしてしっかり稼ぎたいと思っている方からも選ばれています。

数ある職場の中でも更に高収入が期待できるところを探しているということであれば、お産希望者が集まるような助産所を選択するといいかもしれません。

年代ごとの収入についてご紹介すると、20代前半でも年収は400万円ほどとなっています。 これが30代になると約500~600万円ほどとなり、ピークと言われるのは40~50代です。

60代以降も経験を積めば積むほど高収入が期待できるのでは?と思ってしまうかもしれませんが、助産師という職業はとても体力がいる仕事であるため、60代を過ぎると仕事量が減ってしまいます。

そのため、経験を積んで知識が増えても退職するまでずっと給料をアップさせていくのは難しいでしょう。

ですが、助産所を開業するという選択肢もあるわけなので、体力に合わせて働き方を変えてみるといいですね。やりがいも感じられる職業であるため、多くの人が助産師を目指しています。